So-net無料ブログ作成
検索選択

出産のこと その3 [出産]

陣痛用の椅子に座りながら、ひたすら陣痛をやり過ごしていましたが、
恥骨に激痛を感じるようになりました。

どんな姿勢をしても、痛いのはもちろん、とても不快感が強い。
ま、骨盤近くまで降りてきたってことね。と割り切り、ひたすら耐える。

どのくらい、時がたったのか・・・。
恥骨の痛みは、相変わらずですが、痛む場所がだんだん背中側に
ずれてきた。これも、痛い、苦しい。

と、どのくらい時がたったのか、定かではありませんが、突然病室に
助産師さんと、夜勤の先生がドタバタと入ってきました。
椅子を降りて、ベッドに横になるように指示され、あっという間に酸素
マスクをつけられ、鼻で呼吸するよう指示されました。

胎児の心拍が下がって危機的状況だったようです。
そこまで深刻だったとわかったのは、翌朝の話。

この先、いつ心拍が下がるかわからないということで、椅子を使う
のはNG。ベッドで横になっているよう、指示されました。

これが、なんともつらい。
とりあえず、陣痛を耐えるために、旦那の手を握り、足でベッドの柵を
押しまくっていました。
パラマウントベッドは、かなり頑丈なんですね(笑)

NSTをつけていると、陣痛が余計につらいのですが、その時私は
ゼリーが入れてある網目の数を数えて気を紛らわせていました。
NSTをはずされて、機械を外に出すと、数えていた網目がなくなり
パニック状態に。

痛みで追いつめられると、本当にわけわからなくなるもんです。

陣痛の間隔が開いてきたな、と思ったのは明け方。
合間に寝てしまうこともあったのですが、陣痛の時間は、何故か
長くなる。90秒以上は続かないと聞いていたのに、ゆっくり90
数えても、陣痛が続いている、そんな状態になりました。

NSTの結果、陣痛はきているものの、張りが弱くなってきたとのこと。
微弱陣痛って、よくわかりませんが、私にとっては陣痛の痛みが弱く
なるのではなくて、痛みはそのまま陣痛の時間が延々続くって感じ
でした。

朝9時過ぎに、主治医の先生が来るので、診てもらうことになりました。

続く。


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:妊娠・出産
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。